COVID-19 & WORLD 2020.06.30 【COVID-19&WORLD】2020.6.30(火)各国のイシューまとめ

グローバルデイリーがチェックした今日の世界イシューは、中国「小紅書」の端午節旅行のトレンド報告や、韓国観光公社とCtripのライブコマース、台湾の国内旅行ブーム、香港の入国規制延長、タイの緊急事態延長や、アメリカのロックダウン緩和延期などに注目です。

【中国】
・31省で新たに確定診断された19例の内、本土で確定診断されたのは8例(北京7例上海1例)、国外流入症例は11例(広東4例、上海3例、四川3例、甘粛1例)
→LINK
・北京では失業手当が支給され、条件を満たすと月1408元まで受領可能 →LINK
・第23回上海国際映画祭は7月末に再開される予定 →LINK

【韓国】
・韓国観光公社、中国Ctripと韓国旅行商品をライブコマース →LINK
・コロナ特需でゴルフ関連産業が活況 →LINK
・関税庁、緊急航空運賃の特例対象を3項目から14項目に拡大 →LINK

【台湾】
・エバー航空 コロナの状況が落ち着いてるパラオへの運航許可を申請中 →LINK
・端午節連休 国内旅行で高速道路は大渋滞 車の量は年平均の3.4倍
国内観光業界はこれからの中秋節と国慶節の連休も国内旅行がブームと期待
→LINK
【香港」
・旅行業界、コロナで地元観光ツアーが人気に →LINK
・香港、海外からの入国制限を9月18日までと発表
香港政府は6月2日、入境制限および集合制限措置を延長すると発表した。政府食品・衛生局の陳肇始(ソフィア・チャン)局長は同日夕方の会見で、
ここ数日、感染経路が不明な事案やクラスターの発生が確認されており、各制限の緩和は困難で、主要な防疫措置を維持するとした。
中国本土、マカオ、台湾以外以外の国からの入境制限を9月18日まで3カ月延長。(ジェトロ香港)
→LINK

【タイ】
・国際航空運送協会が入国者隔離の再考をタイ当局に求める →LINK
・タイ、7月末まで非常事態宣言延長 →LINK
・タイ、7月から外国人入国規制緩和 日本からのビジネス客など →LINK

【フランス】
・コロナの影響で労働者と年金受給者の生活差が拡大 →LINK
【アメリカ】
・フロリダ、アリゾナ、テキサス、カリフォルニアで感染者増加、逆にニューヨークで院患者が3月から最低人数 →LINK
・予定していたロックダウンの原則緩和が感染者の増加の中で延期 →LINK
・マスクを着用しないアメリカンが多い状態の中、ニューヨーク公共図書館の前のライオン像が良い手本としてマスク着用 →LINK

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る