Inbound News 2016.11.28 レンタカーは訪日外国人に人気だが、事故の防止が必要

訪日外国人のリピーターの増加と共に、レンタカーの利用率も伸びている。全国レンタカー協会(東京)によると、北海道と沖縄県では、訪日外国人のレンタカー利用が、2014年の11万件から2015年の18.5万件に増えている。国交省も全国の利用率は2013年度の34万人から2014年度の50万人に増加していると述べている。その中では韓国、台湾、香港が最も多い。レンタカーがあれば、行くのが難しい地域でも簡単にいけるため、地方インバウンドにとってはかなり重要だが、外国人は日本の道路標識や交通ルールなどの違いを詳しく学ぶ機会があまりないため、最近は事故が多く発生している。関西国際空港にあるレンタカー店舗によると、他の車にこするなどの小さい事故が、外国人が利用した約10台に1台の割合で発生しており、これは日本人の10倍になるという。英語で保険や日本のガソリンの種類、法定速度などは説明するが、細かい交通ルールまでは話しきれないと悩むレンタカー会社もある。今後リピーターがもっと増えるため、レンタカーの利用率も高まると予測できる。今後、外国人事故の防止は必要になってくるだろう。

編集者:オスカー チャウ

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る