INBOUND NEWS

2019.09.13Google、駅や観光スポットから各ホテルまでの「所要時間」を自動表示へ

NEWS20190913
訪日旅行客にとって、観光時の現地情報の源であり道しるべとして世界で最も愛用されているといっても過言ではない、検索エンジントップシェアのが提供する「ローカルパック」での「駅名 ホテル」などの検索結果に、駅名から周辺ホテルまでの距離表示を開始しました。
当サービスにより、駅や空港、観光スポットなどの検索ワードと「ホテル」を組み合わせて検索することで、その場所から周辺ホテルまでの距離がわかるようになりました。

ローカルパックとは通常のGoogleの検索結果とは異なり、地域に関連するキーワードで検索した際に地図情報と共に検索画面の上部に表示される検索結果のことで、例えば、東京駅周辺のホテルを探したい場合、「新宿駅 ホテル」でGoogle検索すると、4つのホテル情報がGoogleマップとともにパックになって表示されます。
これまでは、ホテル名とレビュー、宿泊価格などが表示されていましたが、「新宿駅」からの距離表示も加わったということ。

ホテルを検索する際には、最寄り駅からどの程度の距離があるかを知ることは宿泊先を選ぶ要素の一つになりますが、Google検索を利用することで、駅周辺のホテルとそれぞれの距離を瞬時に把握できるようになったのです。

なお、駅名に限らず「羽田空港 ホテル」とキーワードを入力し検索すると、羽田空港周辺のホテル一覧と羽田空港からの距離を一覧で把握できるほか、訪日外国人からも人気のスポットの一つである「東京タワー ホテル」と検索すると、東京タワー周辺のホテル一覧とその距離が一目でわかります。

2018年からサービスを開始したGoogleのローカルパックは、膨大な検索データを基に、ユーザーの使用するキーワードに反応して表示が変化するため、トリップアドバイザーやOTAなどのレビューに比べ訪日客の人気度や口コミがリアルタイムで反映され、チェックすることができます。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る