INBOUND NEWS

2019.09.05ラグビーW杯開催地の上半期宿泊動向:訪日客30%増(エクスペディア調査)

NEWS20190905

Expedia Group(エクスペディアグループ)は3日、9月20日から約6週間にわたり日本で開催される「ラグビーワールドカップ2019」の開催地12都市の上半期国内宿泊動向(対象期間:2019年1月1日~6月30日)を調査しました。
訪日外国人の宿泊需要は前年同期比30%増、国内需要は同40%増と好調に推移し、開催前にも関わらず国内外から高い注目を集めていることが分かりました。

調査は、9月開催の同大会開催地 (東京都、札幌市、釜石市、熊谷市、横浜市、袋井市、豊田市、東大阪市、神戸市、福岡市、熊本市、大分市)における 2019 年 1 月 ~ 6 月のホテル需要を、前年同期と比較した Expedia Group のデータに基づいて実施したものです。

全国12会場で48試合が行われるラグビーワールドカップ2019には、最大180万人の来場者数が見込まれており、調査によると、海外からの宿泊需要は前年同期比30%増と好調に推移。居住国別に見ると、韓国、香港、中国といったアジア圏からの旅行者が多くを占めており、国内需要についても前年比40%増と好調に推移しており、中でも福岡と大阪は、前年比50%増と大幅に拡大しているとのこと。

一方、需要を大きく押し上げたのは、ラグビー人気も高い強豪国、オーストラリア、フランス、イギリス、アイルランドなどのロングホール(長距離国際線利用)旅行者です。アジア圏旅行者と比較すると、ロングホール旅行者の予約時期は1.5倍早く、宿泊費は5~10%増、宿泊日数も1日増という結果となっており、中でも、アメリカ、アイルランド、イタリアからの旅行者は支出額が最も多く、1日あたりの平均宿泊費は、アジア圏旅行者を10~20%上回っています。また、Expedia Groupサイト上で、大会開催期間にあたる開催地宿泊検索ボリュームを調査したところ、前年比+30%と伸長、早期から開催地の宿泊需要が高まっている事が分かります。なお、宿泊検索数の上位はアメリカ、イギリス、オーストラリアが占めているそうです。

開催地では、東京、大阪、横浜の人気が高く、この3都市を訪れる外国人居住国は、アメリカ、オーストラリア、カナダが急増、全体の3割を占めています。また、神戸、熊本も、外国人旅行者が前年比10~30%増と好調に推移しており、宿泊単価は大分県が最も高く、他都市の2倍にあたる1泊あたり29,000円となっています。

開催地の宿泊状況において、日本人旅行者と外国人旅行者を比較調査したところ、予約から宿泊までのリードタイムは、日本人の20日前予約に対し、外国人旅行者は40日前に予約しており、平均宿泊日数は日本人の1.5泊に対し、外国人が3泊で、宿泊金額は、日本人平均の1万円(1泊)に対し、外国人は1.5万円となりました。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る

Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。