COVID-19 & WORLD 2020.06.18 【COVID-19&WORLD】2020.6.18(木)各国のイシューまとめ

グローバルデイリーがチェックした今日の世界イシューは、中国・北京の外出往来規制強化や、韓国のワクチン開発、台湾の隔離期間短縮やタイの観光復興予算投入などに注目です。

【中国】
・北京、外部の人の往来を厳しく統制、7日間以内PCR検査結果が陰性の場合のみ外出可 →LINK
・北京:すべての住宅団地を厳しく統制、出入許可なしには外出規制 →LINK
・北京、複数の長距離旅客バスターミナルが営業停止 →LINK

【韓国】
・国内コロナ治療剤、ワクチン3種、今月中に霊長類試験開始 →LINK
・中企部、コロナ直撃の航空業界に海外出張費など2.5憶ウォンの先決済で支援 →LINK
・男女問わず家でも外でも…コロナで流行っている「レギンス」ファッション →LINK

【台湾】
・ビジネス目的の訪台、条件付きで隔離期間短縮 日本も対象、22日から →LINK
・コロナ後の「平安に感謝」 大規模な文化イベント、端午節に/台湾 →LINK
【香港」
・19日から50人までの集合を許可 →LINK
・ドンキ「中環、銅鑼湾、将軍澳」にオープン予定 →LINK

【タイ】
・観光立て直しに224億バーツ投入 →LINK
・7月1日以降も商業フライトは乗り入れ禁止か →LINK

【フランス】
・エールフランス航空が7,000~10,000人を解雇予定 →LINK
・フランスの経済が予想より少し復活 →LINK
・コロナの影響でパリの自転車販売、修理、利用が急激に増加 →LINK
【アメリカ】
・コロナ感染予防対策としてカリフォルニアのジムで一人用プラスチックポッドを利用 →LINK
・アメリカの小売店ターゲットが店員のコロナの時期限定の最低賃金の賃上げを恒久的にする →LINK

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る