検索
Close this search box.

JNTO‐OnlyLady共同実証:ウェブコンテンツのテスト掲載を通した中国ターゲットユーザーの反響調査

JNTO‐OnlyLady共同実証:ウェブコンテンツのテスト掲載を通した中国ターゲットユーザーの反響調査

新型コロナウイルスの出現から2年を迎える現在、インバウンド市場のトップシェアだった「中国」の人々は今も訪日旅行に関心を持っているのでしょうか?
この疑問を解くための手がかり探しの一つとして、JNTO(日本政府観光局)と中国最大級の女性向け情報サイト「OnlyLady」が共同で、同サイトの「日本館」ページに日本旅行関連のコンテンツを試験的に掲載しその反響を実証する調査を行いました。

JNTO‐OnlyLady共同実証:ウェブコンテンツのテスト掲載を通した中国ターゲットユーザーの反響調査

【実施概要】
・中国で最も影響力のある女性向け情報サイト「OnlyLady」の「日本館」ページにて、下記の訪日観光コンテンツをテスト掲載、その反響を通し同サイトのユーザーの訪日旅行への関心度を実証することで、コロナ以降の訪日旅行ターゲットとして有効であるかを調査

・テスト掲載コンテンツ

①熊野古道巡礼の旅(http://japan.onlylady.com/2021/1207/3995946.shtml)

②有田焼体験(http://japan.onlylady.com/2021/1207/3995947.shtml)

③讃岐うどん手打ち体験(http://japan.onlylady.com/2021/1206/3995898.shtml)

【実施結果】

OnlyLadyに掲載した3つの記事コンテンツは、JNTO指定のアドレスへ誘導の結果、1記事につき平均50,000クリックを超える反響を記録し、当サイトのユーザーが訪日旅行にに関心がある事を示しました。

今回の調査は、OnlyLadyのユーザーをアフターコロナにおける訪日旅行のターゲットと想定し、ウェブコンテンツによる日本旅行情報の発信が今後も有効であるかを分析できる有意味なデータとして活用できると思われます。
今後もこのような実証調査を多様化し、様々な国のウェブ・SNSチャネルのアフターコロナにおける訪日ニーズのインサイトを多角的に把握できる機会が増えることで、新たなインバウンド市場の活性化につながることを期待いたします。

【OnlyLady サイト概要】

http://www.onlylady.com/

■2002年5月25日設立した中国国内最初の女性に特化した情報サイト
■エンターテインメント・美容・ファッション・生活など様々な領域において世界中のトレンド情報を中国本土に配信
■様々なチャンネル展開で合計フォロワー数1億人突破
■芸能人タイアップやビッグイベント参加などトレンドに敏感
■配信コンテンツは情報源として、BAIDUなどの検索エンジンでヒットしやすい
■メディアとしてだけではなく、芸能人マネジメントや、小紅書・中国TikTokに公式認定されたMCN機構としても活躍
■2020年7月に新しく紙メディア 「旷势Génie」を創刊(初刊表紙モデルは水原希子)