INBOUND NEWS

2018.03.26イースター航空(LCC) 韓国チョンジュ(清州)<-->大阪間、定期路線運航スタート

韓国の清州(チョンジュ)国際空港から日本大阪を結ぶ定期空港便が出航出航がする。
来る27日からスタートされる予定で、週3回(火・木・土)運行になる。
午前10時に清州国際空港を出発し、大阪関西国際空港に11時30分に到着する。航空機はB737-700機で、座席数149席のフライトとなるそうだ。
KATE_CC02

2015年度の清州国際空港航空需要調査の結果、日本は韓国人が最も好む国で、特に大阪路線は3年間で利用客が最も多かった路線として広く愛用された。
忠北道では日本の大阪と清州を結ぶ定期航空便の就航を記念して、イースター航空との協力の下、清州国際空港周辺の都市に横断幕を掲げ、公共施設や媒体を通じた広報により忠北道民や地元の住民にアピールしていく予定だ。

取り組んできた大きな課題の1つであった日本行きの定期航空便が決定し、今後は清州国際空港が急速に成長していくことが期待される。日本の大阪以外にも、東京や福岡など、他の都市を結ぶ航空便の就航も今後検討されていくと思うが、台湾やベトナム、タイなどの東南アジア向けも拡大していく見通しだ。

DSC_8560

2018年は清州国際空港が国際路線の多様化を通じて、本格的に飛躍する年になると予測される。昨年のサードミサイルへの報復により中国路線の運航が深刻な被害を受けたが、こうしたことを未然に防ぐためにも、中国以外の様々な都市への国際定期便を誘致し、独自の競争力を強化していく予定だと述べた。

Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。