Inbound News 2016.09.28 ロボット技術 インバウンドでの活用の多様性

訪日外国人に対応するための、日本ロボット技術が開発されている。日本語、英語、中国語で商品をPRするため、神戸の酒造大手「白鶴酒造」は9月27日から本社隣の資料館で人型ロボット「ペッパー」を導入。ペッパー頭部のカメラに商品バーコードをスキャンすると、酒の原料や精米歩合、味わいの特徴などの商品解説を胸部の画面に見える。今年10月末には約200点の商品が表示する予定。また、最近日立製作所は対話型ヒューマノイドロボットを開発した。JR東日本はヒューマノイドロボットを東京駅の「JR EAST Travel Service Center」に設置し、外国人の接客サービスを提供する予定だ。10月3~28日は実験期間で、日本語、英語、中国語での対応ができるようだ。列車の案内や東京駅構内、施設、周辺の観光名所なども案内する。インバウンドの成長と共に、今後日本のロボット技術はさらに活用されると、期待できるだろう。

編集者:オスカー チャウ

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る