Inbound News 2020.01.15 2019年訪日中国人の検索ランキング、「北海道」「河口湖」「浅草寺」「うどん」などが1位に

中国の検索エンジン最大手の百度(バイドゥ)は、2019年訪日中国人のバイドゥ検索動向ランキングを発表しました。このランキングは、都道府県、観光地・名所、グルメ、アニメの4分野について、2019年1月1日から12月15日の期間、日本でバイドゥ検索を利用したユーザーの検索データに基づくもの。

都道府県別では、北海道が初の1位となりました。
背景としては、2022年に北京冬季オリンピックを控え、国策としてウインタースポーツ人口の拡大に注力していることから、日本でのスキー体験への関心が高いことが反映された模様です。
2位は「東京都」、3位は「京都府」、4位は「沖縄県」、5位は「大阪府」の結果となりました。大阪は、昨年の1位から5位にランクダウンしましたが、「心斎橋」「梅田」など買物エリアの検索数は依然として多いです。
そのほか、「軽井沢」「伊豆」「川越」「横須賀」「横浜」などの東京から足を延ばせる観光地・都市の検索数が上昇するなど、東京、大阪だけでなく、地方や周辺都市への拡大がみられる結果となりました。

観光地・名所の検索ランキングは、1位が「河口湖」で、2位に「富士山」が2年ぶりにランクインし、富士山麓の観光への注目度の高さがうかがえる結果となりました。
3位には「東京スカイツリー」が初ランクイン。令和に元号が変わった2019年は、「皇居」への注目度も高く4位にランクインし、5位には「お台場」が入りました。

このほか、お寺では「浅草寺」が1位になり、「清水寺」、「金閣寺」、「東福寺」、「本能寺」と続き、京都のお寺が占めました。
島では、1位が「八景島」、2位が「江ノ島」で、こちらも東京近郊のエリアとなり、3位「小豆島」、4位「淡路島」、5位「直島」が続いたほか、猫島として知られる「青島」や「厳島」など、瀬戸内海の島々の関心が高まっていることがうかがえます。

グルメでは、「うどん」が1位。2位は「和牛」で2年連続のランクイン。「和牛」「黒毛和牛」といったワード以外にも、「神戸牛(兵庫県)」「佐賀牛(佐賀県)」「松坂牛(三重県)」「仙台牛(宮城県)」「山形牛(山形県)」といった個別のブランド牛も多く検索されました。
3位の「みそ汁」は3年連続のランクイン、4位「温泉卵」、5位「たいやき」と続きました。

アニメでは、太宰治、芥川龍之介といった文豪がキャラクター化され、作品名を冠した異能力を用いて戦うアクション漫画「文豪ストレイドッグス」が1位。
中国では今年4月に3rdシーズンのアニメ配信されたことから、検索数が増加しました。
2位は「くまモン」ですが、3月に中国語の正式名称を「酷MA萌」から「熊本熊」に変更し話題になりました。3位は「犬夜叉」、4位は「NARUTO」、5位は「ONE PIECE」でした。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る