INBOUND NEWS

2019.09.03羽田国際線の増便は9カ国・地域、来年3月就航

NEWS20190903
▲Image by 国土交通省
国土交通省は9月2日、東京五輪・パラリンピックを控え、2020年3月から1日当たり50便増える羽田空港の国際線発着枠について、9カ国・地域に計26便を配分する方針を固めました。米国路線への24便割り当てが既に決まっており、九つの就航国・地域が出そろいました。

国別では米国や中国、ロシア、オーストラリアなど9カ国・地域に割り当てられ、その他地域はインド、イタリア、トルコ、フィンランド、スカンディナビア(スウェーデンまたはデンマーク)で、便数は米国が24便と最多で、中国8、ロシア、オーストラリアが各4、ほかの5カ国・地域が各2便、うち中国以外は羽田空港の昼間時間帯(午前6時~午後10時55分)に新規就航されます。

増便する50便のうち、国内の航空会社には、ANAに13.5便、JALに11.5便を配分する予定で、今回の増便は、都心の上空を通過する新飛行ルートの導入に伴うもので、国際線の発着数は年間99,000回と、約7割の増加となります。

訪日旅行客のエアハブとして、2010年に再開が本格化された羽田空港国際線の増枠は、2014年につづき3回度目となり、国土交通省は今回の増枠により年間700万人の増客を見込んでいます。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る

Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。