COVID-19 & WORLD 2020.10.16 韓国観光オンライン博覧会(KTVF2020)開催、フランス全国、結婚式などの7人以上の私的なイベントが禁止、中国の国家税務総局「十一」観光娯楽消費が爆発的に増加 他

グローバル・デイリーがチェックした2020年10月16日の海外現地情報です。

 

【中国】

・海南離島での免税は8日間で10億元を超えた。
旅客は14万6800人、件数は99万8900件で、前年同期比それぞれ148.7%、43.9%、97.2%増加した。

 

・「十一」休暇期間中のマカオへの旅行者は延べ15万6000人を超え、内地からの旅行者は93%を占める。

 

・国家税務総局「十一」観光娯楽消費が爆発的に増加。

 

・25省の国慶節休暇の観光収入:9省は300億を超え、江蘇省がトップの座を占めている。

 

・9月の中国空港の利用客数は世界トップで、前年同期比9割超回復した。

 

・日本の星野グループは中国でホテル事業を展開する予定だ。

 

・民航局:現在、週294便の国際旅客輸送を実施する予定。

 

・民航局:9月の民間航空旅客輸送人員は前年同期の9割近くまで回復した。

https://finance.sina.com.cn/tech/2020-10-15/doc-iiznezxr6068318.shtml

 

・統計庁、9月の映画入場料が前年同期比4.1%上昇。

 

・タイ、来年1月までに中国と「旅行バブル」達成を希望。

 

・衆信観光は王府井免税と戦略的提携を結び、株式提携をして免税店を開設する予定だ。
双方は市内の免税店分野と海南自由貿易港で「旅行+ショッピング」事業を共同で展開する計画だ。

 

【韓国】

 

・韓国293の観光業界·機関と海外657の観光業界の間で1対1のテレビ会議を実施(韓国観光オンライン博覧会)

 

・コロナ禍の産業、飲食、通信業界は晴れ、製油、鉄鋼は曇り

 

・韓国観光公社とKLOOK、観光産業の危機克服と質的成長のためのMOU締結

 

・2021年のトレンドは「Vノミクス」、コロナが変えたのは「方向」ではなく「速度」

 

・コロナの旅行トレンドは「即興旅行」片道航空券の検索が25%

 

・40代、老後の心配で不安心理最も高い コロナ後に深化

 

・コロナ長期化で大韓航空が循環休職を2ヶ月延長

 

・Amazon、コロナで「K防疫商品」の販売増加…韓国セラーの海外進出をサポート

 

【台湾】

 

・約3千人の域外学生、コロナで訪台を断念 損失額は11億円に=教育部

 

・台湾から帰国の日本人3人、空港検疫でコロナ陽性に 接触者を検査

 

・金門マラソン、2年ぶりに実施へ 来年1月16・17日開催/台湾

 

・「トランプ氏訪台と国家承認検討」日本メディア報道、駐米代表は否定/台湾

 

・台湾、パラオと「トラベルバブル」構築に向け協議 日本は検討せず=保健相

 

・ネット通販「タオバオ」、台湾での運営を年内で終了 現地法人が発表

 

・米駆逐艦が台湾海峡を通過 今年10度目

 

【香港】

 

・香港の味を日本で楽しめる!「テイスト香港 Now」開催

 

・香港とシンガポールとのトラベルバブルの実施が決定 PCR検査陰性の照明があれば、隔離なしで旅行ができる
これからは日本とタイとのトラベルバブルを協議する予定

 

・現行の防疫措置を22日まで延長

 

【タイ】

 

・物品サービス購入で個人所得税減額 タイ政府が追加景気刺激策

 

・英アストラゼネカ社の新型コロナワクチンをタイで生産

 

・タイからの乗客、羽田空港検疫で新型コロナ陽性

 

【ベトナム】

 

・ベトジェットエア、国内線運賃割引キャンペーン実施中 10月末まで

 

・ベトナムから日本への入国者、空港検疫で新型コロナ要請相次ぐ理由

 

・フェイスブック、多数のグループアカウントを削除 100万人規模も

 

・ホーチミン有料隔離施設、入国者向けに2〜5つ星ホテル14 件追加

 

【フランス】

 

・パリなど9都市に夜間外出禁止令(21時〜6時)

 

・フランス全国、結婚式などの7人以上の私的なイベントが禁止

 

【アメリカ】

 

・33州のコロナ感染が増加

 

・オフィスのコロナ対策で新しい技術が

 

・ジョンソンエンドジョンソンコロナワクチン臨床試験が一時中断、参加者に原因不明の症状が出たため

 

・ファイザーのコロナワクチン臨床試験、参加者が12歳から対象

 

・副大統領候補ハリスの周りに2人コロナ感染、政治運動が一時中

 

・トランプの息子も感染、その後陰性に

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る