WORKS

JAPANKURUの活用 <二次活用>多言語メニュー制作(配信コンテンツを再活用)

インバウンド施策の最初のステップとして、自社ソリューションである「JAPANKURU」プロモーションを実施し、どのように既存コンテンツを再活用したのか、その一例をご紹介いたします。

1st ステップ:ローカライズされたWEBコンテンツ作成


外国人目線で、訪日外国人向け情報をコンテンツを開拓し、多言語で制作、発信


2nd ステップ:二次利用展開


価値をつけて、新たに展開。オンラインでも、オフラインでも
(拡散活動、店頭動画、ポスター制作、POP制作、ハガキ制作、海外イベント、多言語メニュー、スライドショーなど)

【制作例】

こちらは、一度配信した某渋谷の居酒屋さまの既存コンテンツを再活用して制作した、多言語メニューです。

コンテンツ配信

1527240211938

1527240235124

JAPANKURUは、外国人目線で開拓、作成されたコンテンツに新たな価値をつけて、既存コンテンツを再利用したご提案ができます。
クライアント様によって、展開の仕方はさまざま可能です。

クライアント:
株式会社アクトグループ様
主要メディア:
JAPANKURU
インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る


Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。