WORKS

海外旅行博 2017台北国際旅展(ITF)にて、JAPANKURUブースを出展

2017年10月27日(金)~10月30日(月)に開催されたアジア最大級の旅行博『2017台北国際旅展』に、JAPANKURUブースを展開し、3年連続でブース賞を受賞しました。(賞のタイトル名が変わり、今年は「ベストブース賞」の受賞となりました。)

2017年台北国際旅展(ITF)の来場者は366,976人を記録し、世界60ヵ国から1650ブースの出展がありました。

DCIM100GOPROGOPR1570.JPG

入場者数

[2017台北国際旅展(ITF)メイン動画]



3度目、ブース賞受賞

3年連続のブース賞の受賞となり、台湾現地メディアからの注目も浴びています。

ブース賞

ブース賞一覧

2017年台北國際旅展(ITF)にて、「ベストブース賞」を受賞したブースは、下記5ブースでした。
・沖縄観光コンベンションビューロー
・JAPANKURU
・ANA台湾支店
・交通部観光局
・台湾高速鉄道



2017年JAPANKURUブースのテーマ は『浅草』

ブース全体様子

弊社の自社メディア『JAPANKRU』が総合プロデュースを務めた今年のJAPANKRUブースのコンセプトは、「浅草雷門」。大都会の東京でも「雷門、仲見世通り、浅草寺」など、日本らしさを感じる観光スポットが多い浅草は、訪日外国人にとっても魅力的な有名スポットです。浅草を感じられるようなブースを展開しました。



各ブース紹介

今年もVR体験(バーチャル・リアリティ)を通して、まるで日本に旅行しているような日本体験を提供し、来場者に皆さまにも大好評でした。
また、ステージではパフォーマンスやゲームイベントなどを行ったり、台湾の有名人ゲストをMCなどに起用したりして注目を集めました。

今年はゲストとして、中華圏で有名美容家「Kevin老師」や彼の弟子でコスメ美容家「Pink老師」、台湾で活躍する日本人「夢多(Mondo)」、日本芸能人「浦えりか」、台湾のモデル「寶兒Bao」をお迎えし、ステージ中心にJAPANKRUブース全体を盛り上げていただきました。(※敬称略)

各ブース

[ ステージ ]

ステージ



台湾メディアの活用

JAPANKURUブースを企画、運営するだけでなく、このイベントを活用して台湾人向けに情報発信も行いました。
例えば、台湾現地で有名な著名人・テレビ番組にライブ中継やSNSを通して、ブースや商品などを紹介してもらったり、またイベントの様子を取材・記事配信をおこなってもらったりしました。このような施策を実施することで、リアルイベントだけではなく、WEBやSNS上でのコンテンツ作りも同時に行うことができます。

SNS配信

事前リリースも行い、メディアや来場者への関心を高める工夫をしています。
JAPANKRUのWEBサイトでも、事前告知を行いました。

JAPANKURU記事URL

リリース

■台湾の大手テレビ局「TVBS」とコラボ

別冊

JAPANKURUブースは、番組公式Facebookで210万人ものファンを持ち、台湾国内で絶大な人気を誇るTVBSの旅行番組「食尚玩家」とコラボいたしました。
「食尚玩家」は世界中の旅行と台湾のグルメを紹介する雑誌を発行しており、市場シェアは他誌と比べて3倍もあるほどの人気ぶりです。GLDブース特集を組んだ別冊を発行し、ブース内や会場周辺で配布しました。

【2018年台北国際旅展(ITF)日程】
日時:2018年11月23日(金)~26日(月)

※ご興味のある企業様は、お気軽にお問い合わせください。

クライアント:
東京都交通局様、東京都大神宮様、ドン・キホーテ様、マイステイズ・ホテル・マネジメント様、他化粧品・製薬会社様全8社共同
主要メディア:
2017台北國際旅展、JAPANKURU


Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。