WORKS

ガイドブック 終極天書 香港•台湾、訪日人気ガイドブックを活用した集客プロモーション

図4

旅行の定番アイテムであるガイドブックは、外国人観光客へアプローチする上で有効的な方法の一つです。
インターネット検索で情報が簡単に手に入る時代で、旅行に関する情報収集にWEBを活用する方々はたくさんいます。しかし、下記のグラフを見てみると、旅行会社やJNTO(日本政府観光局)のホームページや口コミ、ブログなどインターネットでの情報収集が主になってきている一方で、ガイドブックを利用して情報収集している割合も未だに高いことが分かります。
ガイドブックは、いわば旅行情報を収集する際の入り口のような役割を果たしている言えるでしょう。
情報収集元



ガイドブックの役割とは?

訪日外国人の多くは、個人旅行スタイルで旅行に来ています。その流れで、旅行情報や行程スケジュールなどは自分たちで情報を集めて旅行を楽しんでいます。

インバウンドプロモーションにおけるガイドブックの役割とは何でしょうか。
ガイドブックがどのように、訪日外国人に効果をもたらしているのか、どのように作用しているのかまとめました。

【ブランディング】 
信頼ある人気メディアに取り上げられている安心感

【認知向上】
    
お店の名前が海外で知られていなくても、知ってもらえるきっかけになる
そもそも名前を知らないと、インターネットで検索できないので情報を届けられない

【集客】      
旅行中にガイドブックを見て、立ち寄ってもらえる可能性がある
旅行行程を決めているときに、スケジュールに組み込んでもらえる

【ターゲティング】 
ガイドブック購入する人は旅行に行く予定がある方なので、情報収集への意欲が高い

【利便性】    
旅行中にネット環境がなくても情報収集できるので、無料Wifiサービスが遅れている日本では活躍する



キラキラの香港・台湾向けガイドブック『食・玩・買 終極天書』について


図1

『食・玩・買 終極天書』は、香港・台湾で圧倒的人気を誇るガイドブックで、香港・台湾・マカオ・シンガポール・マレーシアの書店や空港、コンビニエンスストアで販売されています。
日本でも同様ですが、コンビニには売れない商品は置いていませんので人気ガイドブックであると言えるでしょう。
また年間発行部数12万部を誇り、香港と台湾の人口合計はおよそ3000万人ですので、そのうちガイドブックを購入して旅行する人の割合で考えると非常に多い発行部数です。

このガイドブックは、香港の出版会社「長空出版」が発行しており、長空出版は香港最大の書籍見本市である香港ブックフェアにもブース出展し、積極的な販売促進も行っています。
香港ブックフェアについては、こちらのページをご覧ください。

『終極天書』の売上上位、人気目的地トップ10位以内に日本の観光エリアが6つ入っています。
1. 東京
2. 京阪神
3. 台北
4. ソウル
5. 名古屋
6. 九州
7. 北海道
8. 沖縄
9. シンガポール
10. 墾丁・高雄

中華圏の人々にとって、日本は人気の旅行先になっています。



キラキラガイドブック『終極天書』流通風景

流通

また、「終極天書」は購入されているだけでなく、図書館でもよく借りられています。
香港国立図書館の貸し出しランキングで、上位10冊のうち、9冊が旅行ガイドブックが占めています。また、旅行ガイドブック9冊中、6冊が「終極天書」シリーズとなっており、香港ではかなりのシェアを誇っていることが分かります。

図4



ウェブプロモーションとの相乗効果

ガイドブックの役割、【認知向上】部分の補足的な説明になりますが、旅行者たちの情報収集の仕方の流れとして、ガイドブックや旅行雑誌、日本商品を紹介している特集などを見て、お店の名前や施設名を知り、その後詳しい情報を求めてインターネット検索をするという動きをしていることが予想されます。ですから、ネット上にきちんと商品やお店のことが分かる口コミ・紹介ページを持つことをお勧めします。

その逆も然りで、例えばインターネットの記事でその商品やサービスを知った際に、ガイドブックでも紹介されているとなると安心感を与えることができます。
「人気のガイドブックにも載っている」という位置づけでブランディングできることは、このガイドブックの高い認知度が成せる強みです。

より詳しい詳細、ご相談はこちらよりお問合せください。

主要メディア:
ガイドブック「終極天書」


Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。