WORKS

イベント企画 セミナー 「東京新青年」のコミュニティーを活用した在日中国人向けセミナー実施

timeline_20170527_212557

在日(訪日)中国人向けに日本情報を配信しているメディア「東京新青年」のコミュニティーを活用し、在日中国人対象のセミナーを実施しました。
『知らないと損するJIBANのハナシ』と題したセミナーで、品質見える化の不動産サイト「JIBANGOO(ジバングー)」の活用の仕方も含め、“地盤”の大切さを一般の外国人に伝え、地盤に対する意識の変化、日本で不動産投資や住宅購入を検討している方に安全な場所を選定できるような情報拡散を目的としています。

「JIBANGOO(ジバングー)」
「いい地盤の物件」だけを抽出してお知らせする不動産サイト
https://jibangoo.jp/

本セミナーへの参加者らは、Wechat公式アカウント「東京新青年」を購読する方々で、投資意欲や日本で家を購入しようと考えている富裕層、且つ情報拡散のための自身SNSで200人以上のフォロワーを保有する在日中国人の方々を対象としています。



東京新青年とは?

日本情報に特化し、最新ファッション、ニュース、芸能などの情報を配信しているメディアです。
中国で人気の無料インスタントメッセンジャーアプリWechat(微信)で、「東京新青年」というアカウントを保有しており、ファンは70万人超えています。
SNS以外でも在日中国人向けのイベントやファンとのコミュニケーション会を開催し、ファンとの交流しっかり図っています。オンラインだけでなく、オフラインでの活動も行っていることが特徴です。
また拡散・配信力に加えて、情報配信コンテンツの切り口が消費者の立場をよく考えている内容なので、コアなファンがフォローしています。



セミナー様子

セミナーでは、参加者の皆さんにクイズ形式で地盤についての知識を深めてもらったり、ワークショップを行ったり、さらに参加者に向けてセミナー前と後でアンケート調査を実施したりしました。
参加者たちは、本当に情報を必要として参加した意欲関心が高い方々で、具体的な質問が多く出ました。既に購入を検討している物件やエリアがある方々もいらっしゃって、参加者からも満足の声を頂くことができました。
在日中国人のネットワークを生かして、情報拡散することが期待されます。

図1

中国人、不動産購入についての背景

近年、中国人が不動産を購入したいエリアに北京、上海、広州、大理(雲南省)の次に、日本が選ばれました。その理由は、不動産市場が安定していることと2020年の東京オリンピックの開催と言われています。
しかし、日本は地震多発国であるため、地盤の安定性が重要な課題になっています。物件を探す際に、駅からの距離や価格、立地という理由で検討しがちですが、地盤への正しい知識を持って安全性も考慮して総合的に判断するべきであると思います。

今回のようにニーズのある方へ、きちんとニーズに合った情報を届けることは、口コミ・情報拡散の質と量向上につながっていきます。
在日外国人向けに、商品・サービスなどの認知向上や情報拡散をご希望の方はこちらからご相談ください。

クライアント:
地盤ネット様
主要メディア:
在日向けメディア「東京新青年」


Contact

マーケティングデータや、媒体資料、
詳しい料金についてなど、何でも
お気軽にお問い合わせください!
御社専属の担当が対応させて頂きます。