Inbound News 2017.05.16 日本でも人気のレンタルサイクリング 外国人にも普及の兆し?

近年、京都の観光スポット周辺で、自転車で旅行をしている外国人観光客をよく見かける。京都は主要観光スポットが多く、バスで移動すると、時間がかかるため、自転車で移動し、交通渋滞や交通費のことを考えずに、自由に観光スポットをめぐることが流行っているようだ。そのため、外国人にもレンタルサイクリングが人気で、外国人向けのレンタルサイクリングサービスが増えている。

香港の旅行情報サイトを見てみると、海外旅行でレンタルサイクリングをすることをお薦めしている。中でも、台湾、日本の京都、沖縄とヨーロッパの都市が“Bike Friendly” のスポットに選ばれているようだ。

しかし、注意しなければいけないこともある。それは、外国人が日本のサイクリングルールとマナーを理解しているかどうかだ。例えば、携帯電話やイヤホン等を使用しながらの運転禁止、並走禁止などのルールを、外国人観光客に教える必要があるとの声も上がっているようだ。

最近、香港のメディアでもレンタルサイクリングに関する注意事項を守るように、読者に呼びかけている。今後は、外国人観光客に対してどのようにサイクリングルールを伝えていくかが課題になると思われる。

日本の交通機関は発達しているが、利用方法が複雑で難しいという声もある。こうしたレンタルサイクリングは、自由に誰でも簡単に利用できるため、交通機関の問題を解決してくれるかもしれない。利用方法とルールをきちんと説明し、快適なサイクリングを提供すれば、新たな訪日外国人のブームになると、筆者は考えている。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る