Inbound News 2016.10.06 モバイルショッピング?店舗ショッピング?海外ではどっちが人気?

アメリカにあるオンライン広告技術研究組織「Interactive Advertising Bureau」は世界のモバイルショッピングの利用率について調査した。19カ国において、過去の6ヶ月に75%の人が携帯やタブレットで買い物をしたことがあるようだ。最も利用率が高い国は、トルコ(44%)と中国(42%)。イギリスやシンガポール、オーストラリアも30%以上を超えている。しかし、モバイルショッピングより、店舗でショッピングしたほうが満足できると思う人も多い。ECコンサルティング会社「E-tailing Group」の新しい調査によると、60%の人は店舗で買い物をしたほうが楽しいと述べている。モバイルショッピングが楽しいと思う人は47%しかいない。実際に商品をちゃんと見て、選ぶ体験をしたいのが、理由だと筆者は思っている。外国人もECサイトで日本のものを購入できるが、なぜわざわざ日本に来て、ショッピングするか、と疑問を持つ日本人もいるだろう。そうした人は、上記の調査結果を見ると、答えがわかるだろう。

編集者:オスカー チャウ

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る