Inbound News 2020.07.14 韓国観光公社、中国「Trip.com」ライブコマースで旅行商品販売 220万視聴者を記録

韓国観光公社(KTO)が中国のトリップドットコムグループと手を組み、7月1日に訪韓旅行商品を販売しました。
中国のインターネット放送「スーパーボス・ライブショー」で海外旅行商品を販売するのは初めてとのこと。

KTOによると、リアルタイム視聴者は220万人を記録、放送では宿泊やエバーランドなどの入場券がリアルタイムに販売されました。

KTOは「コロナ後最初の訪韓プロモーションだが、それ以上の拡大解釈は適切でない。国際観光が不確実な状況で、通常の渡航が可能になった時に利用可能な権利を販売しただけ」と述べました。
実際、利用期間(最大9カ月)内に未使用の場合は全額返金される商品です。

中国からのインバウンドを扱う旅行会社の中には中国政府のフライト制限と韓国政府の入国時の隔離措置がいつまで続くかわからない状況で、今回のプロモーションに疑問を示すところもある一方で、韓国への団体観光禁止措置が敷かれるなか、中韓観光交流本格再開への期待も膨らんでいます。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る