Inbound News 2020.02.13 都内のJR駅で「AI 搭載自販機」の実証実験、多言語での商品案内など可能

株式会社 JR 東日本ウォータービジネスは、「インバウンド向け多機能自販機」の実証実験を3月19日より、高輪ゲートウェイ駅前特設会場「Takanawa Gateway Fest(高輪ゲートウェイフェスト)」にて開始、2020 年 9 月上旬頃まで東京駅・新宿駅・上野駅・秋葉原駅でも順次実施することを発表しました。
「インバウンド向け多機能自販機」は、訪日外国人向けに有効なコンテンツ検証を目的に、AI システム「AI さくらさん」を搭載、顔認識システムによる属性に合わせたオススメ商品の案内や、天気予報、駅構内等の案内を、多言語にて行うとのこと。

実施の背景は、同社が2019年9月~11月に外国人の飲料自動販売機利用実態を把握するための実証実験を行った結果、「国旗や商品デザインは視線を集めている」「モニター内の国旗にタッチしている」「ビデオ観察より、インタラクティブな反応を望んでいる」などが判明、また、過去3年以内に訪日経験のある訪日外国人の男女計600名(中国:200名 韓国:200名 アメリカ200名)を対象に行ったインターネット調査(2020年1月実施)では、日本の自販機に対する訪日外国人の満足度は非常に高く、9割以上の訪日外国人が日本の自販機を利用したことがあり、満足度も9割以上との回答が寄せられました。

その反面、およそ3割の人が「操作が難しいと感じたことがある」と回答、中国からの旅行者は「決済方法が難しいと感じた」韓・米からの旅行者は「飲料の種類が分かりにくいと感じた」など、国ごとに感じている課題が異なることを受け、多様な訪日外国人のニーズに応えるべく、今回の実証実験を行うことになりました。

導入される「インバウンド向け多機能自販機」は、自販機正面に 15 インチのタッチパネルを搭載、タッチ操作や口頭での質問に対し「AI さくらさん」のバーチャルアニメーションを通したAIが多言語て様々な案内を行う仕組みで、商品の詳細情報や決済方法、自動販売機の使い方の他にも、天気予報や乗換・駅構内施設の案内や、顔認識カメラを活用し、利用者の属性・外気温・時間帯などに応じたおすすめの商品を紹介する機能を搭載しています。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る