検索
Close this search box.

News ニュース

春節「爆買い」 東海でも

中華圏の旧正月「春節」にあたる8日を迎え、大型連休を利用して中国や台湾などから観光客が続々と日本を訪れている。中部国際空港(愛知県常滑市)の中国路線拡大で、東海地方でも訪日ラッシュが本格化、商業施設は「爆買い」への期待を膨らませ、「春節商戦」が熱気を帯びている。

■「日本の商品は安心」

8日夜、名古屋市中区錦のドラッグストア「アマノ栄町ビル店」には、中国人観光客らが次々と訪れた。台湾の台北市から家族4人で来日した陳可芳さん(48)は、化粧品や医薬品などを大量に購入し、「日本の商品は安心で、店のサービスも良い」と笑顔を見せた。

同店は、家電なども扱い、中国語で商品説明を表記する訪日客向けの店を併設、中国語が話せる従業員も常駐する。太田克海店長(42)は「多くの中国人に、思い出とともに日本の商品を持って帰ってほしい」と話す。

三重県鳥羽市のミキモト真珠島では、6日頃から連日200人を超す中国人観光客が押し寄せ、8日も真珠製品などを買い求める人たちでにぎわった。真珠島を訪れる外国人観光客は今月、昨年を上回る約2500人に達する見込みで、柴原昇取締役(48)は「サミット開催が決まり、伊勢志摩の知名度が上がった効果もある」とみる。

■ホテル満室

近年、訪日客数が前年比2~5割の伸び率で増える中、昨年の中国人客数は前年の2倍超に膨らんだ。春節を迎えた名古屋市内では、ほぼ満室状態のホテルが相次ぎ、各商業施設は訪日客向けサービスを競っている。ジェイアール名古屋高島屋(名古屋市)は包丁や鉄器など「日本の伝統の技」を意識した商品を強化し、化粧品売り場に初めて中国語通訳カウンターを配置した。ビックカメラ名古屋駅西店(同)は中国人ら向けの福袋を初めて用意、「人気の魔法瓶や美顔器などを取りそろえた」(同店)という。

中部空港では8日、名古屋市の主要百貨店やディスカウントストアなど10社が共同で作成した中英韓など5か国語の買い物ガイドブックが配られた。香港から訪れた盧宇杰さん(33)は「日本は4回目で東京以外は初めて。名古屋でも買い物を楽しみたい」と話す。

同空港では昨年5月以降、内陸部のフフホトや山東省・煙台といった日本人になじみの薄い都市への直行便も次々と開設された。中国路線は昨年2月の83往復から134往復に増え、円安に伴う中国人訪日が本格化してきた。ただ、中国経済の減速から、空港関係者は「いつまで爆買いが続くかは予測がつかない」と指摘している。