Inbound News 2015.12.11 訪日客の免税 拡充し「5千円以上」

訪日外国人旅行者に対する買い物時の消費税の免税制度を来年5月に拡充する。家電製品や宝飾品、工芸・民芸品など、消耗品以外の商品について、免税対象となる販売合計額を1人につき同一店舗で「1日当たり1万円超」から「5千円以上」に引き下げる。

民芸品や伝統工芸品などは訪日外国人旅行者からの人気が高いが、単価は2千~3千円程度と少額で免税対象とならないケースが多かった。最低購入金額を引き下げ、少額でも免税対象とし、消費拡大をはかる。

また食品や飲料、化粧品、医薬品などの消耗品は、免税対象になる販売合計額がこれまで「5千円超(5001円以上)から50万円」だったが、制度拡充に伴い最低購入金額を「5千円以上」にそろえる。

インバウンド集客やプロモーションなら成功事例多数のグローバル・デイリーのTOPへ戻る