株式会社グローバル・デイリーGLOBAL DAILY Co.,Ltd

沿革

1962年
白澤芳郎、株式会社産案より独立
港区虎ノ門に京浜広告社創業
1963年
株式会社港通信社として法人登記。新橋・佐山ビル5Fに移転。
デイリースポーツ社との取引開始
1964年
デイリースポーツ東日本版の第一号代理店として専属代理店契約。
株式会社デイリースポーツ案内広告社に社名変更する
1967年
新橋烏森に本社移転
1972年
久保二三男、代表取締役社長に就任
1977年
石川和則、営業本部長より代表取締役社長に就任
台東区上野ヤマトビルに本社移転。社員数16名
1981年
デイリースポーツ社の専属広告代理店の勉強会・懇親会として発足したDAC会(デイリースポーツ・アド・クラブ)解散に伴い、 DAC(ダック)の名を引き継ぎDACグループを名乗る。
同時に求人雑誌部門(後のピーアール・デイリー)の営業所開設。
1984年
案内広告代理店からの脱皮をはじめる
1986年
富士登山研修始まる
デイリースポーツ案内広告社が観光企画部を千代田区佐久間町に開設。
5ヵ月後には、ニューメディア媒体に参入する。求人広告代理店から総合広告代理店への脱皮を目指しはじめる
1987年
求人情報誌を扱う広告代理店として株式会社ピーアール・デイリーが別法人として独立
1990年
台東区台東イワモトビルに本社移転 株式会社デイリー・インフォメーション、観光広告に特化した広告代理店として設立
1996年
北軽井沢研修所設置
デイリー・インフォメーション仙台支社開設
2000年
社員の提案により、ふれあい看護体験が始まる
社員数100名超える
那須研修所設置
2001年
株式会社デイリー・インフォメーション北海道設立
株式会社ピーアール・デイリー東京設立
2003年
インバウンド事業開始
2004年
株式会社デイリー・インフォメーション関西設立
元電通・山田満氏をスーパーバイザーに招聘。DACグループの企画室としてDACプランニングセンター設置
2005年
ピーアール・デイリー関西支社開設
伊豆研修所設置
2006年
社員数300名超える
従業員持株会発足
DACグループ求人部門を統合。株式会社ピーアール・デイリーが、株式会社ピーアール・デイリー東京及び株式会社デイリースポーツ案内広告社求人部門を統合して、求人広告営業における組織形態を一本化する
2007年
デイリー・インフォメーション九州支社開設
2009年
名古屋支社、デイリー・インフォメーション中部として独立法人化を果たす
7月 デイリー・インフォメーション内にインバウンド専門事業部設置
2011年
DACグループ本社TIXTOWER UENOに移転
2012年
DACグループ創立54週年を迎える
社員数600名超える
2013年
社団法人DAC未来サポート文化事業団設立
九州支社を法人化し、株式会社デイリー・インフォメーション九州設立
デイリー・インフォメーション インバウンド事業部を法人化。株式会社グローバル・デイリー設立
株式会社DACファーム設立
旅マルシェ事業を事業部化
2015年
4月 株式会社DACホールディングス設立 http://www.dac-group.co.jp/